kakegawaROGO.png

掛川まっこりについて

日本で造られているまっこりの多くは、その製造方法や工程において厳密にはまっこり風どぶろく、いわゆる清酒の作り方に沿ったものが多くを占めています。

そこで(株)オファードでは日本の掛川で本格的まっこりの製造を目指し、平成22年に専属社氏が韓国へ渡り、3年もの間まっこり研究の第一人者の博士のもとで伝統酒まっこりの歴史から製造技術・韓国の食文化を研究。

その後掛川にもどり本格まっこりの製造に取り組み、コクのある日本人に合う「掛川まっこり」を完成させました。


(株)オファード代表 南 貴晴の働きかけで2011年、掛川市と韓国フェンソン郡との相互の経済協力、姉妹都市提携が実現しました。 この提携により「掛川まっこり」は本場の正統製法をそのままに、掛川で製造販売ができることとなりました。